探偵の浮気調査に必要な期間は?日数と料金を抑えるコツを紹介

浮気調査の日数は、依頼内容や調査の難易度によっても変わりますが、おおむね1週間から2か月程度が相場です。
しかし、調査が長引くほど依頼者の負担も大きくなります。

そこで、できるだけ短い日数で浮気の証拠を掴むために、依頼者ができる工夫を解説していきます。
浮気調査を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

浮気調査の平均的な期間は1週間~2か月

探偵や興信所に浮気調査を依頼した場合、平均的な調査期間は1週間から2か月程度と言われています。
この期間は、依頼内容や調査の難易度、調査対象者の行動パターンなどによって大きく左右されます。

一般的に、単発的な浮気の事実確認であれば比較的短期間で終了しますが、裁判などで使用する決定的な証拠を掴むためには、長期間の調査が必要になるケースもあるのです。

浮気調査の日数を短くするポイント

浮気調査にかかる日数を短くするためには、依頼者自身が事前に準備できることがあります。
探偵や興信所との綿密な打ち合わせを行い、調査方針を明確にすることも重要です。

ここからは、浮気調査の期間を短縮するためのポイントを詳しく解説していきます。

1. 事前情報をできるだけ集めておく

浮気調査の日数を短縮するには、依頼者が事前に収集できる情報を探偵に提供することが大切です。
浮気の日時や場所、相手の情報などを伝えることで、探偵は効率的に調査を進められます。
また、写真や録音などの証拠があれば、探偵の調査をより円滑にする助けになるでしょう。

ー 浮気の日時や場所、相手の情報を伝える ー

浮気の疑いがある具体的な日時や場所、相手の情報を探偵に伝えることで、調査の効率化が図れます。
例えば、以下のような情報があれば探偵の調査がスムーズに進められるでしょう。

  • 浮気をしていると思われる曜日や時間帯
  • 浮気相手と会っていそうな場所やデートスポット
  • 浮気相手の名前、職業、勤務先、住所など

これらの情報を事前に収集し、探偵に提供することで無駄な調査を省略でき、浮気の証拠をより早く掴める可能性が高まります。

ー 写真や録音などの証拠を提供する ー

配偶者の浮気を疑う根拠となる写真や録音、メールやSNSのメッセージ履歴などがあれば、探偵に提供しましょう。
これらの証拠は調査の指針になるだけでなく、探偵が行う張り込みや尾行の際にも役立ちます。

ただし、相手のプライバシーを著しく侵害するような行為は控えるべきです。
違法な手段で入手した証拠は、裁判などで証拠能力を否定される恐れもあるので注意が必要です。

2. 浮気調査の目的を明確にする

浮気調査を依頼する際は、目的をはっきりさせておくことが重要です。
事実確認のみが目的なのか、それとも慰謝料請求などの法的手続きに使う証拠集めが必要なのかによって、調査の方向性や期間が変わってきます。
依頼時に目的を明確に伝えることで、探偵は最適な調査プランを提案してくれるはずです。

ー 事実確認のみか、慰謝料請求に使う証拠集めか ー

浮気調査を依頼する目的を明確にすることで、必要な調査内容や期間を最適化できます。
単に浮気の事実確認だけが目的なのか、それとも慰謝料請求や裁判で使用する証拠集めまで必要なのかによって、調査の方向性が変わってきます。

事実確認のみであれば、比較的短期間で浮気の証拠を掴むことが可能です。
一方、法的な証拠能力が求められる場合は、複数回の不貞行為を立証する必要があるため、長期的な調査が必要になります。

ー 目的によって必要な調査内容や期間が変わる ー

調査目的に応じて、探偵の調査内容や期間が変わります。
例えば、以下のような違いがあります。

調査目的必要な調査内容想定される調査期間
事実確認のみ浮気現場の撮影、聞き込みなど1週間程度
慰謝料請求の証拠集め複数回の不貞行為の立証、関係性の深さを裏付ける証拠収集など1か月以上

依頼時に目的をはっきりと伝えることで、探偵はそれに合わせた最適な調査プランを提案してくれるはずです。
目的が明確でない場合、不要な調査が行われ、期間が長引く可能性もあるので注意しましょう。

3. 信頼できる探偵社を選ぶ

浮気調査の日数を短くするには、信頼できる探偵社を選ぶことが欠かせません。
まずは、浮気調査の実績や専門性を備えた探偵社を探しましょう。
また、事前の打ち合わせで丁寧に対応してくれる探偵社であれば、依頼者の要望に沿った効率的な調査が期待できます。

ー 浮気調査の実績や専門性をチェック ー

浮気調査の日数を短くするには、信頼できる探偵社選びが欠かせません。
まずは、探偵社の浮気調査実績や専門性を確認しましょう。

  • 浮気調査の経験豊富な探偵社か
  • 所属探偵に浮気調査のスペシャリストがいるか
  • 弁護士など法律のプロとの連携があるか

これらの点を押さえている探偵社であれば、効率的かつ的確な調査が期待できます。
調査力の高い探偵社ほど、無駄のない調査で短期間に結果を出してくれる可能性が高いと言えるでしょう。

ー 事前の打ち合わせを丁寧に行ってくれる探偵社 ー

依頼前の打ち合わせで、探偵社の対応の良し悪しを判断することも大切です。
依頼者の要望をしっかりと聞き、適切なアドバイスを行ってくれる探偵社は信頼できる証拠です。

  • 依頼者の状況や目的を丁寧にヒアリングしてくれるか
  • 具体的な調査方法や期間についての提案があるか
  • 料金体系が明瞭で、見積もりを提示してくれるか

このような点に着目して探偵社を選べば、無用なトラブルを避けつつ、円滑に浮気調査を進められるはずです。
信頼できる探偵社と二人三脚で調査に臨むことが、調査期間の短縮につながります。

調査日数が短くなるとメリットも

浮気調査の日数を短くすることは、依頼者にとって大きなメリットがあります。
調査期間が短縮されれば、それだけ費用を抑えることができ、精神的な負担も軽減されます。
また、早期に浮気の事実を確認できれば、問題解決への道筋もスムーズになるでしょう。

ここでは、浮気調査の日数が短くなることで得られる3つのメリットを詳しく解説します。

1. 費用を抑えられる

浮気調査にかかる費用は、主に調査期間に比例して増加します。
つまり、調査日数が短ければ短いほど、依頼者の経済的な負担を抑えることができるのです。

1日あたりの調査費用が5万円の場合

  • 7日間の調査なら35万円
  • 14日間の調査なら70万円

このように、調査日数が1週間短縮されるだけで、35万円もの費用を節約できることになります。

浮気調査は決して安価ではありませんが、日数を短くすることで依頼者の金銭的な負担を最小限に抑えられるのです。

2.精神的な負担が減る

浮気調査が長引けば、依頼者は不安やストレスを長期間抱え続けることになります。
調査結果を待つ間の精神的な負担は、想像以上に大きいものです。

  • 調査中は常に結果が気になり、心が休まらない
  • 日常生活に集中できず、仕事や家事に支障をきたす恐れも

しかし、調査日数が短ければ、それだけ精神的な負担も早期に解消されます。
短期間で浮気の事実を確認できれば、次の行動を起こすことができるからです。

調査期間が短いほど、依頼者のメンタルヘルスにも好影響があると言えるでしょう。

3.早期の問題解決が可能に

浮気問題を長引かせることは、依頼者にとって何のメリットもありません。
むしろ、問題解決が遅れれば遅れるほど、状況が複雑化し、取り返しのつかないことにもなりかねません。

早期に浮気の事実を確認できれば、速やかに次の行動に移れる

  • 配偶者との話し合い
  • 弁護士への相談
  • 離婚や慰謝料請求の手続き

浮気調査の日数が短ければ、問題解決への道のりを早い段階で歩み始められます。
証拠を握ったうえで、冷静に今後の方針を決められるでしょう。

早期の問題解決は、依頼者の精神的な安定と、円滑な離婚・慰謝料請求につながります。

記事まとめ

浮気調査の日数は、平均すると1週間から2か月ほどかかりますが、できるだけ短い期間で終わらせることが依頼者にとってのメリットとなります。

調査期間を短縮するには、事前に集められる情報を探偵に提供し、調査目的を明確に伝えること、そして信頼できる探偵社を選ぶことが大切です。
浮気調査の日数が短ければ、費用を抑えられるだけでなく、精神的な負担も軽減され、早期の問題解決が可能になります。

蒼柴探偵事務所では、何度でも無料でご相談が可能ですので、
パートナーの浮気が疑われる場合は、ぜひ一度蒼柴探偵事務所にご相談下さい。

所在地【新潟本社】
〒950-0916
新潟県新潟市中央区米山3-13-15  カヤスミトピア308
【長岡支社】
〒940-0061
新潟県長岡市城内町3-7-4 サンライズビル2F
フリーダイヤル0120-132-742 (365日・24時間対応)
調査項目結婚前調査・信用調査 / 浮気・不倫調査 / 離婚・裁判資料の収集 /
ストーカー調査 / 人探し・所在調査 / 盗聴・盗撮調査 /結婚詐欺調査 / 見守り調査